気になるいぼの切除方法について【綺麗な肌を取り戻そう】

レディ

失敗することはあるのか

いぼなどを切除するとなったら、施術が失敗してしまったらどうしようと思ってしまうでしょう。確かに、医師も人間なので時には失敗するかもしれません。過去にどのような失敗があったのか一部ご紹介します。

どんな感じで取るのか

女性

いぼが出きてしまったら

いぼが皮膚にできてしまうと、とても気になってしまうでしょう。気になるいぼは、切除したいと考えますよね。ですが、切除するにしてもどんな風に取るのか知りたいと思います。一般的にいぼを切除する時は、レーザーを用いて行なうことが多いです。レーザーは、どんなタイプのいぼにも有効なので、現在だと主流になっています。どんなふうにレーザーで取るのかといえば、いぼに照射することで水分を蒸散させて取れるようにします。また、蒸散作用によって一瞬で血管も凝固されることから、痛みや出血はほとんど感じないとされています。局所麻酔も行ないますので術中は、一切痛みを感じないと思っておいてもいいでしょう。傷跡も残りにくくてダウンタイムも少ないことから、今注目のいぼ切除方法になります。昔からある切除方法といえば、メスを使用した方法でしょう。患部をメスで切除し、膨らんでいた部分を除去することができます。ただ、この方法は根っこの部分から除去できないことがあるので、技術力の高い医師に頼んでできるだけ根っこ部分から切除してもらうようにしたほうがいいでしょう。液体窒素での切除も昔から行なわれている方法で、安全性が高くて今でも人気の施術になります。これは、液体窒素によって低温やけどで皮膚の細胞を壊死させます。壊死させることで、いぼの根っこの部分がどんどん表皮に向けて盛り上がってきます。こうなると、根っこの部分から排除することができます。ただ、一度だけでは切除することができませんし、人によっては強い痛みを感じることがあります。医師と相談して受けるかどうか決めるといいでしょう。他にも、内服薬で除去する方法があります。これは、ウイルス性いぼに効果的で免疫力をアップさせていくことが目的です。しかし、直接的にいぼを除去できないことから、他の治療と併用されることが多い治療法になります。最後は、注射によるいぼの除去方法です。これは、いぼに注射することで薬剤にていぼにダメージを与えます。ダメージを与えられたいぼは、肥大化がストップします。そして、孤立した状態となって血豆になり、除去できるようになります。ただ、これはウイルス性のいぼにしか効果がありません。自分のいぼがどんなタイプなのかを把握した上で施術を受けるようにしましょう。

このように、いぼを切除する方法はいくつかあります。自分にとってどれが適しているかを考えて、クリニックの医師に相談してみるといいでしょう。

悩む人

方法はいくつかある

いぼを切除するとなれば、クリニックで専門の技術を用いて治療を受けることになります。しかし、実は切除する方法は幾つかあります。それぞれの特徴や費用を事前に確認しておきましょう。

婦人

実は種類がある

いぼの症状は、一種類だけではなく複数あるのはご存知ですか?中には、早めに切除しなければいけないほど悪質な症状のものだってあります。どういったいぼがあるのかまとめてみました。

女の人

原因は色々とある

体にできてしまういぼは、さまざまな理由で発症してしまいます。そのため、事前に発症してしまう原因について知っておけば、いぼを切除までしなくても済むようになります。